« 10月中旬の農作業(2018) | トップページ | 11月上旬の農作業(2018) »

2018年10月22日 (月)

10月下旬の農作業(2018)

すっかり秋らしくなり、紅葉前線も少しずつ近づいて来ています。畑に行っても、作業は一段落して、収穫するものも少なく、後は虫共との戦いです。区民農園ではまず無農薬栽培は無理です。しっかり対策をしましょう。
大根
カバーがはち切れそうになったら、そろそろ外しましょう。風通しが悪いとアブラムシが来ます。芯に芯くい虫がいることが有ります。ご注意ください。
白菜
アブラムシの被害が見受けられます。大きな株に育てる為には、外葉を大きくすことです。こまめな追肥をしましょう。
キャベツ
今年は昨年より夜盗虫の捕獲数が倍増しています。巻き始めたところに糞が有ったら必ずいます。いくら探してもいない時は、土の中(深さ1センチ以内)いることが有ります。徹底的にやっつけて下さい。
ブロッコリー
極早生の苗は既に収穫された株も有ります。市販のものより小さくても、飛び出して来ているのは収穫しないと、花が咲きます。早めに収穫して、脇目に期待しましょう。
カリフラワー
芯を夜盗虫に食われないようにご注意下さい。芯を食われたらお仕舞いです。
葉物
今月中に種を蒔かないと、1月中に収穫は難しくなります。一日でも早く蒔きましょう。

|

« 10月中旬の農作業(2018) | トップページ | 11月上旬の農作業(2018) »

コメント

先日スズメガとも思われる幼虫を殺しましたがサツマイモやマメ類に害があるようであまり悪い子ではなかったかなと 親はハチドリのように花の蜜を吸うようです少しかわいそうだったかなと思いました

投稿: 笠松理英子 | 2018年10月28日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月中旬の農作業(2018) | トップページ | 11月上旬の農作業(2018) »